静かな町

違い

広島の市街地

広島県の広島市は、中国地方の中で、一番大きな都市となっています。
政令指定都市にもされています。
そのため、中国5県の中では、一番にぎわっている県だと言えます。
そんな中、広島県と言えば、やはり原爆という言葉が思い浮かぶのではないでしょうか。
小学校や中学校では、必ず、原爆や戦争の恐ろしさを学ぶための授業があります。
もちろん他府県でも学ばれていると思いますが、授業回数は、比べ物になりません。
戦争の象徴でもある原爆ドームや平和記念公園へは、郊外学習でも必ず訪れます。
終戦記念日には、ほとんどの方が、原爆投下の時刻に黙とうをささげます。
それほど、戦争の恐ろしさというものを、しっかりと学んでいる地域の1つだと言えます。

広島県の中心部である広島市は、とても開けた街になっています。
そのため、周りの県から、わざわざショッピングにこられる方もたくさんいらっしゃいます。
こんな活気のある街でありながら、自然もとても豊かな地域です。
市内には、7本の川が流れています。
その地域を三角州と呼んでいます。
川が多いため、地下鉄をつくることはできませんが、その分、市内中心部は、自然豊かだと言えるでしょう。
また、あまり知られていませんが、県北にはたくさんのスキー場があります。
市内中心部から、2時間弱程の場所にあるため、大変便利です。
また、高速道路のインターチェンジからも近いため、地方の方もたくさんいらっしゃいます。
このように、活気があり、なおかつ自然もある、それが広島県だと言えます。